☆第二の脳
もう一つ、腸内細菌の機能で見逃せないのが、メンタルへの作用です。腸は「第二の脳」と呼ばれ、
様々な脳内ホルモンを生産しています。「幸せホルモン」の一つとされる神経伝達物質「セロトニン」も、
9
割以上が腸で作られています。このため、腸のコンディションが良いと、心も安定しやすくなり、
逆に腸が弱いと、感情が揺れやすく、ストレスに弱くなりがちです。

☆腸と脳はつながっている
東洋医学と脳科学をベースとするイルチブレインヨガでは、この腸と脳の関係(脳腸相関)に早く
から注目し、腸活性化のプログラムを行ってきました。そのうちの一つ、へそヒーリングでは、
おへそとへそ周りを押すことで硬くなっている腸を刺激していきます。腸の血行促進、便秘改善、
デトックスを促すとともに、冷え体質の解消へとつなげます。