こんにちは^^

イルチブレインヨガ伏見スタジオのMです。

 

イルチブレインヨガってこんなにすごい!!

 

{脳幹を活かす新感覚エクササイズ}

 

イルチブレインヨガのトレーニングはただのヨガ、体操にとどまりません

頭脳開発にとっても役立ちます。トレーニングを重ねると、集中力、問題解決能力などの学習能力が向上すると共に直観力、創意力、洞察力が生じます。また、第六感が目覚めて人体透視、テレパシーのような高感覚認知能力(Heightend Sensory Perception)が発揮されたりもしますが、トレーニングの目的はこれではありません。

イルチブレインヨガの脳呼吸トレーニングの開発者イルチイ・スンホ博士は40年のトレーニング指導をしながら脳波創造された本来の健康な姿を取り戻すと、その本来の目的に従い作動するということを確信されています。その本来の目的とは、人は個人的な利益の追求の次元を超えて広く人間社会に利益を与えることに自分のエネルギーを使いたがる傾向があるということです。

今、私たちの抱えている問題は、脳の観点から診るとその解決策を見つけることが出来ます。

人の価値はその人が持っている情報の質や量に比例します。その観点から考えると脳呼吸は脳や脳で処理される情報の主になる画期的な方法です。

 

脳呼吸を通して博士は「体や心や考えの主」になるトレーニングを通して情報にとらわれず情報を活用するパラダイムをつくってきました。これまで、多くの人々が脳呼吸を通して慣習や固定観念によって変形してしまった情報ではなく、脳に入ってくる情報を客観的に眺めることが出来るようになりました。

また、脳に呼吸をさせ、運動させ、疲れをとり、歪んで詰まっているところを矯正し、穏やかで快適な状態を作り上げることにより、自ら明るくて健康な意識を取り戻すようになりました。

「BOS5段階」には大脳皮質や大脳辺緑系を超えて脳幹にたどり着く課程があります。

この過程はこの3つの層の間にある抵抗を克服して、大脳皮質はもちろん大脳辺緑系を自分の意図通りに活用できるようになっていることの過程です。

 

大脳皮質のPowerを自由に活用すると

考えが私たちを支配するのではなく私たちが考えを支配し、コントロールできるようになります

 

大脳辺緑系のPowerを自由に活用すると

感情が私たちを支配するのではなく私たちが感情を支配し、コントロールできるようになります。

 

脳幹のPowerを自由に活用すると

脳幹の自然治癒力を私たちの意図通りに活用することが出来ます。

 

これを体験すると

悟りがこれ以上神秘に満ちた夢物語や超能力ではないことが分かるようになります。

 

脳幹とは、

生命の根源の場所。創造の脈拍が鼓動しているところ。

呼吸を調節、心臓を働かせる、体温の調節。

(間脳、中脳、延髄、脳僑で構成されている)

間脳・・・体温、消化、睡眠や性機能の中枢。

中脳・・・体のバランスの維持、眼球の動きや瞳孔の大きさの調節。

延髄・・・呼吸、血液循環排泄の調節

脳僑・・・顔や目を動かす神経が集まっている、

 

生命活動をつかさどる

脳幹のPowerを活用するためには・・・

エネルギーを脳幹まで送りだす必要性がります。

 

次の回には、

生活の中で簡単にできて、容易に効果を体験できる脳幹運動をご紹介します>>>>>

 

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう